2021/01/28

【満足度UP】小規模クリニックにおけるデジタルサイネージ の運用方法とは

昨今、ネット上でありとあらゆるサービスには点数がつけられ、その点数によってネットを見た人はサービスの利用に決定に大きく影響されます。

診察内容、受付の対応、内装、居心地のよさ など…

さらに新規で訪れた患者様はクリニックの内容をまんべんなくチェックしています。
診察内容、受付の対応が判断基準のメインになってくるかと思いますが、意外と内装や居心地のよさが記憶に残っています。

診察内容には評価いただていて、さらにクリニックをよくする方法があるとするなら…
それでは、プラスアルファで居心地が良く、よりよい待合室にする方法をみていきましょう。 


デジタルサイネージで暇な時間を快適に

暇な待ち時間って非常に長く感じませんか?
ネットの予約が普及されて患者様をお待たせすることもかなり減ってきましたが、5分10分おまたせしてしまうこともどうしてもあるかと思います。

そんな待ち時間に少しでも患者様の気を紛らわせる方法があるとしたら…
さらにその方法が患者様の治療に対するモチベーションを上げる方法があるとしたら…


様々な方法があると思います、そんな中、もっともおすすめしたいのがデジタルサイネージの設置です。


病状や治療の紹介、新薬の告知などポスターやチラシにて患者様にご案内されているかと方が多いかと思います。
しかし、一度みたり、壁と同化してスルーされていませんか?

存在感のあるデジタルサイネージの設置が、ポスターやチラシの弱点を解決してくれます。

待合時間も治療のために役立てよう

ふとした瞬間、体に異変を感じても、それに慣れてしまったり、病院を訪れても異変について忘れて相談しそびれることもあるかと思います。
そのまま、症状が進行し、重症化してしまったなんてこともあるかと思います。

そこで待ち時間を利用し、患者様に症状の自覚を促すことも可能です。

さいごに

既にクリニックの待合室に病気・手術の情報や治療の案内などのポスターを掲載されている、クリニックも多いかと多います。せっかく掲載しているポスターもどれだけの患者様が注意してみているでしょうか?
毎回訪れるてもずっと同じポスターが貼られているだけだと人は、そのポスターを風景として注目もせずスルーしてしまいます。
人はなにか動きや変化のあるものに、つい注目してしまますよね?
動画やコンテンツの切り替えなどで今まで壁の掲載物に興味を持っていなかった患者様に情報をより多くお伝えできるチャンスがデジタルサイネージは可能にします。
今一度ご自身のクリニックの待合室を見直し、患者に伝えたい情報が伝えられているか振り返って考えてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧に戻る