2021/05/07

コロナ感染症の情報を再認識。医療施設だからできること|デジタルサイネージ

日々発信されるコロナ感染症の情報ですが、たくさん流れてくる情報に慣れてしまい危機感が薄れてしまっている方や、メディアの情報は信じられないという方も少なからずいらっしゃるかと思います。

しかし、現状まだまだ油断の許されない状態が続いている中、一人でも多くの方に改めて危機感を持って、コロナ感染の収束へ向けて動く必要があるかと思います。

そんな方々にも、やはり病院などの医療施設からの直接配信される情報となると捉え方が変わってくるのではないでしょうか? 


リアルな情報を届けよう

毎日、コロナ感染者数の情報は更新され配信されています。 その情報をリアルタイムで医療施設に訪れた人に届け、現状を再認識させる必要はありませんか?

しかし、毎日の情報を掲示板に張り出したり、アナウンスするのはかなり手間がかかり、接触のリスクが発生してしまい本末転倒ですよね。

ならば、リアルタイムで更新して情報を配信できるシステムに依頼していしまうことで解決できます。

その役割を果たしてくれるのが、クラウド型のデジタルサイネージです。

動画や彩度の高い情報が配信が可能です。

さらに遠隔で操作ができることで、非接触が実現でき、毎日更新される情報も自動で収集し発信することも可能です。

医療施設が発信する情報の価値

毎日、朝から晩までコロナ感染の情報は絶えず配信されています。

しかし、中には情報に飽き飽きし情報を取り入れようとしない方やメディアは信じられないという方、さまざまな方がいらっしゃるかと思います。

でも、それは必要であるから配信されているのであって、決して軽んじてよい情報ではないように思います。

そんな方々の意識を少しでも変え、コロナ感染の収束へ向かうためにどうすればよいのか。

ひとつは、医療施設が直接発信する情報にあると思います。

メディア報道のプロの方が発信する情報より、医療のプロの生の声のほうが私たち一般市民にはより響く情報になると考えられます。

テレビやネットニュースで配信される、医療現場の切迫感はどうしても他人事のように捉えてしまう方も少なからずいるかと思います。

しかし、身近の医療施設からそういった情報が発信されているのをみると、少しは危機感を感じのではないでしょうか。

テレビやネットニュースのように拡散力は低いかもしれませんが、デジタルサイネージなどの掲載で

リアルを情報を1人でも多くの方に、より響く形でお伝えし、少しでもコロナ感染の収束に向かう必要があると考えます。



また、それができるのは医療施設からの情報ではないでしょうか。

さいごに

まだまだ油断の許されないコロナ感染症。

ひとりひとりの力でも、身近な人から現状を再認識し、改めて現状の収束を目指していく必要があるように思います。

その方法としてデジタルサイネージをおすすめさせていただきました。

非接触かつ、生の情報を配信できるデジタルサイネージは、かなり導入しやすい手間と価格を実現しております。

一度、ご検討いただければと思います。

コラム一覧に戻る

関連の記事