2020/12/25

美容室と地域のお店が連携!デジタルサイネージで集客効果を上げる方法

チラシ・ポスターからの切り替えることで、トータルのランニングコストが抑えられたり、鮮やかなディスプレイに映し出される映像が集客に効果があるなど、デジタルサイネージに変えることて大きなメリットが得られます。

しかし、実際にディスプレイを購入するのを、少し躊躇してしまっているなんていう経験などございませんか?

そんな中、お試しでコストを抑えつつデジタルサイネージを導入したいとお考えの方におすすめの方法があります。
それは、他の地域の店舗と共同でデジタルサイネージを導入することです。

それでは、その方法を見ていきましょう。

どうするの?

一つのディスプレイでもたくさんの情報を発信できるのがデジタルサイネージの特徴の一つです。一つのパネルでも画像の切り替えや動画の放映など…。

地域のお店とディスプレイを共同購入することでコストを抑えつつ、一緒に広告の表示が可能になります。

連携してクーポンを発行して集客しよう

せっかく地域のお店と共同でデジタルサイネージを運用するわけなので、連携クーポンや招待券などを導入きっかけにしてみませんか。

例えば、地域のレストランで食事をすると美容室でカットが5%OFFになる。ヘアカラーを利用していただくとレストランで好きらラーメンのトッピングが一つ無料になるなど…。

お互いお店の集客も上がり、地域の活性化に貢献できるかと思います。

クラウド型のデジタルサイネージを使用すると便利

デジタルサイネージにはスタンドアローン型とクラウド型の2種類があります。

スタンドアローン型とは、流したいコンテンツをUSBに保存し、直接ディスプレイにさして再生する方法です。

クラウド型については、wifiのつながる環境でSTBという機械を差し込み遠隔でパソコンもしくは、スマートフォンなどから遠隔で操作が可能な方法です。
多くのクラウド型は再生の内容が更新されたときにのみ、データの受信がされるのでデータ使用量が大きくなることはあまりないと思っていただいて問題ありません。

スタンドアローン型だと設置されたお店が表示したいコンテンツを集め、USBに保存したものを差し替える必要があります。
そうなると設置されたお店の負担が大きくなってしまいますクラウド型にすることで、USBに保存し差し替える必要がなくなります。

あわせて読む
デジタルサイネージとは(スタンドアロンとクラウド型) デジタルサイネージとは(スタンドアロンとクラウド型)

コラム一覧に戻る