お客様事例

動的に表示したグラフのコンテンツ

毎月の営業会議をテレビ会議で行われているお客様の事例です。

※5拠点、テレビ会議用ディスプレイあり

 

以前はエクセルで作成した資料を元に画面共有にて行っていたが、

パネライズ導入の検討段階で、

1.一部の情報を一般社員にも共有したい。

2.上層部の方々は外からでも確認したい。

3.表示内容は数字の羅列になるので、情緒的に表現したい。

4.あるタイミングをもって情報の更新したい。

などのご相談頂きました。

 

必要な要素は予めCSVなどでご用意を頂くことを前提に、

その内容を取り込む事みグラフ化、グラフィック化することにより情緒的に表現しました。

その情報を、Panelize for Officeの機能を用い情報共有を可能にしました。

更に、全社情報は全拠点に表示、各拠点は自拠点の情報を表示し運用をされています。

上層部の方々には別途WEBページを作成し、そこに情報を共有する事でスマホ、タブレットから閲覧を頂いています。

 

無機質な数字の羅列をグラフ化やグラフィック化をする事で、

予想以上に閲覧されている。

コミュニケーションが増えた。

情報の見える化で「働き方改革」を進めて行きたい。

などの声を頂きました。ありがとうございました。

 

コラム一覧に戻る

関連の記事